FC2ブログ

麺屋 鶏路地

2020年01月25日 17:57

味    :★★★★★★★★☆☆
値段  :★★★☆☆
店員  :★☆☆☆☆
回転率:★★★☆☆
合計  :★15

以前行った藤谷と同じビルの地下にある店。
なので狭い。そして店員がいらっしゃいませも何もない。

ラーメンは鶏白湯の醤油塩担々麺の3種類でトリロジーらしい。
別の店で醤油を食べたばかりなので塩に。
濃厚鶏白湯という感じ。
野菜と鶏のうまみが出ててまぁまぁおいしい。
でも普通の鶏白湯の域を出ていない。
麺はちょい太めで家系に近い感じで悪くない。
ラーメンはまぁおいしいけど、店員の態度でおいしく感じない。
スポンサーサイト



らぁ麺 田じま

2020年01月25日 12:45

味    :★★★★★★★★★☆
値段  :★★★★☆
店員  :★★★★☆
回転率:★★★☆☆
合計  :★20

渋谷駅から徒歩5分くらいドンキホーテの辺にある。
カウンターも10席以上あり店内はきれいで雰囲気は結構良い。

まぜそばやつけ麺もあったが基本のらぁ麺を注文。
鶏の香りが感じられる。
味も鶏のうまみしっかりで脂のコクと醤油の旨味もしっかり感じられる。めちゃおいしい。
麺は普通のストレート麺。今や醤油にはこの感じの麺普通だけど、コシもしっかりでおいしい。

全体的においしいけど、個性が余り無いのが残念。

Tonari

2019年12月28日 13:46

味    :★★★★★★★★★★
値段  :★★★☆☆
店員  :★★★★☆
回転率:★★★☆☆
合計  :★20

さきほど行った店からすぐ近くにある。
カウンター8席位の小さなお店。
こちらもどちらかというと隠れた存在的な目立たない所にある。
外に並ぶほどの人は居なかったが店内は埋まっていた。

牡蠣ラーメンとか惹かれるのもあったが、白醤油鶏そばがトップメニューだったのでそれに。

食べる前は鶏そばというくらいだから、バッチリ鶏を効かせたラーメンかなと思ったけど違った。
香りを嗅いだらバターの風味のような感じが。
飲んだら「何これ?うまっ!やばっ」鶏も醤油もどれも主張しないがうまく融合してまるで高級料理を食べているような感覚。少し洋風。
850円でこの味が出せているのか!
麺も頂くと麺もスープと融合して別の高級料理に変わる。
チャーシューは豚と鶏2種だがこれももちろんのうまさ。
最後の方になると慣れてきたのかちゃんと醤油の旨味も出てきた。
麺が若干好みではないので9点にしようかとも思ったが、これ以上文句の付けようのないスープに負けて10点とした。
いやー久々に唸るラーメンを食べた。
今度は牡蠣ラーメン食べようっと。

麺処 竹川

2019年12月28日 13:27

味    :★★★★★★★★★★
値段  :★★★☆☆
店員  :★★★★☆
回転率:★★☆☆☆
合計  :★19

渋谷駅から徒歩5分くらい道玄坂方面周りがホテルだらけのところにある。
建物の間に暖簾だけ掛かっていて奥に行くとお店がある。
食券を買ったら奥へ案内される。
驚いたのは一人で行ったのに個室に案内された。夜は水炊きのお店みたいで個室しか無いのだろう。
回りを気にせず食べられるので、自分にとっては最高の環境。しかも好きな和室風最高。

メニューは左上が無添加つけ麺だったのでそれに。大中小どれも980円だったが、他にも行く予定だったので小に。

すごい麺の上に茹で野菜が沢山。
スープは鶏と野菜だろうか。クリーミーで深い甘みがあっておいしい。
中にはメンマと角切りチャーシュー。これらも柔らかくて最高。
麺もツルツル喉ごし良く最高。
野菜も味付けしてないようなかんじなのに、素材そのものがおいしいのかすごくうまい。
とにかく環境から味から何まで自分にとってはめちゃくちゃ好みの店だった。
また来ようっと。
でも隠れ家的なお店で回転率は低いので、人一杯来ると嫌だからこれみた人は行かないで下さい。(嘘)

鬼そば 藤谷

2019年11月03日 13:49

味    :★★★★★★★★★☆
値段  :★★☆☆☆
店員  :★★★★☆
回転率:★★★★☆
合計  :★19

駅からは近く道玄坂方面だが、変なビルの5階にあり場所が分かりにくい。まずふらっと入る人はいなそう。
店内は狭く、カウンター6席分とテーブル2つある。
東京では珍しく現金後払い。

鬼塩らぁめん(850円)を注文。
具はチャーシュー1枚とネギメンマで簡素。
鶏の味しっかりで甘みがある。
色味もそうだけど、塩っぽくなくどちらかというと醤油。
間違えて醤油を頼んじゃったかな?と思ったけど、メニューの写真見たら醤油はもっと濃い感じだったので違う。
麺は中細ストレートの若干やわめ。こちらはまぁ普通スープとは合ってる。

めっちゃおいしいけど、ちゃんとした塩を食べた感覚が無かった。


最新記事